M5Stack系,M5Stick系の修理に挑戦したくなった時のメモ(要高度な部品除去スキル&半田付けスキル)

 M5StackやM5StickC、M5StickV、M5Atom等は結構壊れることがあります。壊れたときは販売店に相談するのが一番です。しかし、自分で修理をしたいという方もいらっしゃると思うので、自分の調べた範囲で代替となる部品をメモしておきます。

【注意】半田を取り除いたり、かなり小さな範囲の部品の取り外しや高度な半田付けができるスキルが必要です。半田付けが苦手な方はまず失敗するので止めておきましょう。
 仮に部品の交換に成功しても復活しない場合もあります。分解することによりメーカーからの保証も一切受けられなくなります。本ブログでは責任はとれませんので自己責任でお願いいたします。

表面実装用タクトスイッチ

 M5StickC、M5StickCPlusの側面に使われているタクトスイッチはよく壊れます。交換したい場合は秋月電子かAliExpressで購入できます。

購入先へのリンク

 AliExpressの方が足が開いてるので半田付けしやすいかもしれません。

M5StickCPlusの液晶

 こちらはまだ届いていないので未検証なのですが、恐らく適合すると思います。(2021/1に検証できると思います。) AliExpressから2020/12/31に届いたので動作確認できました。割れても交換可能です。M5StickCPlusは液晶の接続がFFC/FPCケーブルコネクタなので接続部分の取り外しはできますが、両面テープで張り付けてある場合があるので十分注意してください。

購入先

IP5306(M5Stack旧Core)

 M5Stack旧Coreに大きいサーボを接続したところ、IP5306を焼いてしまったという経験があります。IP5306は裏側がGNDで基板に張り付いているため取り外しはかなり難しいです。

注意事項

 M5Stack旧CoreのIP5306はI2C接続ができるカスタマイズ品なので、厳密には元に戻りません。あと私の場合は、失敗したのが原因かどうかわかりませんが、電源ボタン二度押しで電源が切れないなど問題がありました。(Power Switch for M5Stack – スイッチサイエンス (switch-science.com)を装備して電源を切るしかありません。)

購入先

おわりに

 自分で調べた範囲で追加してみました。今後も同じような修理をしたら追記していきます。なお、筆者もボタンの交換は成功したものの液晶を割ってしまったなど、数多の失敗を繰り返しています。。。繰り返しになりますが、自己責任でお願いいたします。m(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。