ラズパイの電源不足を調べてみました。

 
 ACアダプタは5V3Aのものを利用してもRaspberryPi 3 Model B,RaspberryPi 3 Model B+で低電圧警告が発生する場合があるため、気になってしまい調べてみました。

現象

 ラズベリーパイが、低電圧状態になると下記の現象が起きます。

  • POWERLED(赤色)が消灯する。
  • デスクトップに低電圧警告(雷マーク)が表示される。

電圧の状態を調べる方法

ラズパイが低電圧状態に陥ったかどうかはvcgencmdを下記のように実行すると分かります。

vcgencmd get_throttled

 コマンドを実行すると下記のように表示されますので、throttled=0xの後の数字を見ます。

throttled=0x??????

throttledの値について

throttledの値状態
0x0正常
0x50000過去に低電圧状態になったが、現在は正常
0x50005現在低電圧状態にある。
0x80000過去に熱によりクロックダウンした。
0x80008現在熱によりクロックダウンしている。

0x50000が出ていても大丈夫な場合もある。

 ラズパイは起動時に消費電力が高くなるため、0x50000が出た場合でもPOWERLEDが点灯していれば電源は足りています。

 UnixBenchを5回ずつ測定して比較してみましたが、0x50000と表示される状態でもあまり結果は変わりませんでした。(870~880)

 頻繁にPOWERLED(赤色)が消えるような状態でなければ、警告が出てもパフォーマンスに影響はないようです。

警告を減らす方法

 警告を減らす方法は2つあります。(もちろん、周辺機器をたくさん繋いだ場合は電力不足になる場合があります。)

ACアダプタを変える。

 ACアダプタを4Aにしてみたところ、負荷をかけても低電圧警告が一切なくなりました。やはり電力不足には電源を補ってあげるのが一番かもしれません。

5V4AのACアダプタ

 5V4Aのアダプタは秋月電子通商で購入した下記のものを使用しました。

スイッチングACアダプター 5V4A AD-A50P400

 Amazonでも購入できます。

ACアダプタ 小型高信頼性5V4A【5V4A-PSE】

★注意★ケーブルは自作が必要

 microUSB端子の5V4A ACアダプタは無いのでDCコネクタ(外径5.5mm、内径2.1mm)を変換する必要があります。

 私は秋葉原の千石通商で下記のような変換ケーブルを購入して使っています。2018/12に購入し税込¥180でした。 (通販では扱っていないようです。)

 Amazonでもあるようですが、許容電流1Aとあったり、出力が弱いというレビューもあるので怪しいかもしれません。

GPIOからの給電に変える。

 こちらの方法は完全にというわけではありませんが、GPIO経由だとmicroUSB端子と保護回路を介さずに済むので電源が安定するようです。

 試してみたところ、この給電方法の場合はiPadの充電コネクタ(5.1V2.1A)のものでも安定しました。

★注意★ケーブルは自作が必要

 GPIOから給電するためにはケーブルは自作するしかありません。

 私はダイソーの2.4A対応充足充電専用ケーブルを改造しました。

おわりに

 ラズパイが消費する電流をモニターしたいと思っているのですが、電流センサーを介すと5V4Aのアダプタでも電力不足になったりします。

 ネットを見ていると、低電圧警告で悩んでいる方も多いようなので、気になる方は対策をしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。