ラズパイでVimの最新バージョンをビルドする。

 Raspbianのvimは最新ではないため、便利なterminalが使えません。そのため、使えるようにビルドを行ってみました。

 入れた時のバージョンは8.0.1707です。

 もくじ

依存パッケージのインストール

 必要なライブラリはほぼ入っているようで、追加したのは下記のパッケージです。

sudo apt install -y luajit libluajit-5.1 libncurses-dev

Githubからソースをダウンロード

 githubからcloneし、作業ディレクトリに移動します。

git clone https://github.com/vim/vim.git
cd vim/src

ビルド

ビルドオプションの設定

 私の場合はLuaとPython3、Terminalを使いたいので下記のようにしています。

./configure --prefix=/usr/local \
 --with-features=huge \
 --enable-multibyte \
 --enable-terminal \
 --enable-python3interp \
 --enable-luainterp \
 --disable-gui \
 --with-luajit \
 --without-x \
 --enable-fail-if-missing

 オプションについて知りたい場合は下記のコマンドを実行すると詳細を確認することができます。

./configure --help

makeしてインストール

make
sudo make install

動作確認

 下記のコマンドを実行してVimが新しくなっていればOKです。

vim --version

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。