M5Stack、M5StickC、M5StickVの正しい買い方

 最近中国深センの会社であるM5Stack社の製品が流行っています。品切れが多く、Amazon.co.jpでは正規業者でないですがM5Stackというブランドで価格が高い商品が出るようになりました。(必ずしも非正規品を扱っているわけではありません。価格が高かったりサポートが不十分といったことが考えられます。)

 急いでいて価格も気にしない場合はそれでもいいと思いますが、(恐らく)保証を受けられない可能性があるなど問題があると思うので、2019/8/17現在の正しい販売ルートを紹介します。

日本国内

正規代理店

 スイッチサイエンスのみです。スイッチサイエンスのWebショップでM5Stack製品の取り扱いもあります。

スイッチサイエンスで
商品を買うときのワンポイント

●送料区分

送料区分:150の商品はネコポス便となり送料が¥150かかります。
 税込合計¥3,000以上購入すると送料無料になります。

送料区分:500の商品を含むと、宅配便となり送料¥500かかります。
 税込合計¥10,000以上購入すると送料無料になります。

販売店

 スイッチサイエンス経由で流通し、日本の各販売店で売られているようです。目印はスイッチサイエンスのシールが貼ってあるかどうかです。

 他にもいくつかあるようですが全部は把握しきれていません。もしここでも売ってるよという情報があったら、コメントで教えていただけると助かります。(目印はやはりスイッチサイエンスのシールだと思います。)

通販

 ヨドバシ・ドットコムも正規のルートのようなのですが値段は高いのでその点は注意してください。

秋葉原

  • 千石電商(本店1Fとラジオスーパー1F)
  • マルツ(2F)
  • ツクモロボット王国(本店Ⅱ 3F)

その他地域

 マルツの各店舗では取り扱っている模様です。

Amazon.co.jp

 スイッチサイエンスのブランドのみです。
※2019/8/17現在ではM5StackシリーズのみでM5StickCとM5StickVはありません。

 PrimeのM5Stackブランドでいくつか売っているようですが全部正規の業者ではないので注意してください。

 スイッチサイエンスはマーケットプレイス扱い(Primeではない)の製品が多いので勘違いしやすいですがAmazon.co.jpでの正規ルートはスイッチサイエンスだけです。

 個人的には送料等もあるので、Amazonで買うよりスイッチサイエンスの通販で買ったほうがいいと思います。

海外サイト

 海外サイトなので住所入力や問い合わせは英語です。商品の返品も国際郵便の必要があるという条件が付きます。
(AliExpressの返品送料負担は原則購入者側なのでその点も注意。交渉次第で出品者負担もあるようですが、英語での交渉力は必要でしょう。)

 配送も時間指定はできず、二週間から最大1カ月半程度かかる場合もありますが、急がない場合は海外サイトから購入することを検討してもいいでしょう。

※ 海外から直接購入した製品にはスイッチサイエンスのシールはありません。

オフィシャルショップ

 両方とも、M5Stack社が取り扱っています。私はどちらのサイトからも複数回購入しましたが、今のところトラブルはありません。(1週間~1カ月ぐらいで届きました。)

【注意】AliExpressはAmazonのマーケットプレイスのように複数のセラーが存在します。M5Stack公式なのは「M5Stack Official Store」のみです。

 関連商品に別のセラーが表示されます。公式の送料は2019/8/19現在$4.74かかりますが、他の送料無料に騙されないように注意しましょう。(M5Stack Offical Storeで複数買い物した場合はカートを表示したときに送料が1梱包分に割引されます。)

他のショップ

 こちらは今後増えていくそうです。下記は2019/8/17現在の情報です。

banggood.com

割引率が怪しいので、M5Stackに問い合わせて聞いてみたのですが、公式セラーとのことです。しかし、、、割引の数字は適当に決められているようなので、個人的にはあまりお勧めしません。

【補足事項】

 質問があったので補足しておきます。

非正規品というわけではありません。

 悪質な業者だと物が違うということもあるでしょうが、スイッチサイエンスのシールが無いから非正規品というわけではありません。業者が正規品を輸入してAmazon等で販売されていることもあります。

非正規業者は悪いの?

 独自のルートで輸入して販売している業者もあると思うので、全ての業者が悪いというわけではありません。ただ、M5Stack社は日本での販売代理店としてスイッチサイエンスと契約しており、日本国内では正規ルートで購入する方が使う人も安心できると思います。
 2019/8/17時点では価格が高く設定されているものやM5Stackブランドを使っている業者もあったので、知らない方もいると思い今回の記事を書きました。

海外サイトで購入する際に注意すること

海外ECサイトには複数のセラーがある。

 AliExpressやBanggood.comはAmazonのマーケットプレイスのように複数のセラーが存在します。M5Stack公式なのは「M5Stack Official Shop」のみです。送料無料に騙されないように注意しましょう。

M5Stickのグレー版は日本では使えない

 Googleで「M5Stick」と検索してヒットするグレーのM5Stickは、日本での技適を取得していない関係で日本で使用すると違法になるので注意しましょう。M5StickCのプロトタイプ的な扱いのようです。

 参考のためにリンク張っておきますが、買ってはいけません。

AliExpress.com Product – M5Stack Official New M5Stick Mini Development Kit ESP32 1.3’OLED 80mAh Battery Inside Buzzer IR Transmitter Mpu9250 Optional

M5StickCには単体とセットがある。

 スイッチサイエンスでは腕時計バンドが付いたセットのみの取り扱いですが、海外サイトでは「本体とケーブル(Without)$9.95」「本体とケーブルとアクセサリ(With accessories)$11.95」の二種類あります。

 AliExpressが間違えやすいのでカートに入れる前に注意しましょう。逆に言うとアクセサリが不要な方は安い本体セットを購入するのもありです。

AliExpress.com Product – New Arrival ! 2019 M5StickC ESP32 PICO Mini IoT Development Board Finger Computer with Color LCD

【注意】M5StickVのマイク不具合について

 2019/8/23にM5Stack公式アカウントから、M5StickVに搭載されているマイク機能についてはハードウェア設計上の欠陥があり、現行のバージョンでは使用できませんとのツイートがありました。今後もM5StickVで修正されることは無く、次のWiFi付きのバージョンで解消する予定だそうです。(2019年末予定?)

 マイク機能が必要ない方はそのままでも特に問題はないそうです。マイク機能が必要だった方は2019/9/30までに購入した販売店に相談しましょう。

 これから購入しようという方は、マイク機能は使えないのでその点は注意して購入しましょう。

 公式のツイートをリンクしておきます。なお、修理も難しいと思うので分解はしないようにしましょう。

より良いM5Stackライフを!

 正規でないルートでも出回るのは人気商品の宿命ですね。

 どうしても手に入れたいから価格も保証も別に気にしないよ!という方は別なのですが、価格が高く設定されていたり、予想と違った商品が届いた等のツイートも見かけたので記事にしてみました。

 色々気を付けながら、楽しいM5Stackライフを過ごしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。