ESP-WROOM-02を単体購入してから動かすまで。【ソフト編】

 ESP-WROOM-02を単体購入してから動かすまで。【ハード編】ではハード面の接続方法を紹介しました。今回は、ラズパイからESP-WROOM-02でATコマンドでやりとりするまでの手順を紹介します。

 もくじ

Raspbianの設定を変更する。

 まず、raspi-configでSerialポートをONにして、SerialコンソールはOFFにします。設定後に再起動が必要です。

sudo raspi-config do_serial 2
sudo reboot

 以下、CUIを使う場合で説明します。

接続先について

/dev/ttyS0 か /dev/ttyAMA0 となるようです。

RaspberryPi3B+だとttyS0、Zero系だとttyAMA0のような感じがしていますが、調査中です。(2018/11/26現在)

CUIでATコマンドを実行する。

 CUIでATコマンドを利用する場合はminicomというパッケージをインストールします。

①minicomをインストール

sudo apt install minicom

②minicomの設定変更

 Ctrl+Aを押した後にOを押すと設定メニューが表示されます。以下の項目を設定変更します。

※1.日本語だと画面が崩れるので、崩れるのが嫌な方はLANG=Cを加えて英語で使いましょう。

※2.設定せずに文字を入力すると固まる場合があります。その場合は別のSSH接続やターミナルから「sudo killall minicom」で終了することが可能です。

  • 設定(O)
    • シリアルポート
      • A シリアルデバイス( /dev/ttyS0/dev/ttyAMA0)
    • 画面とキーボード
      • P linefeedを追加(はい
      • T Carriage Returnの追加(はい

③ATコマンドの実行

 実行するときにかなり悩みました。Enterだけではコマンドは送信できないようです。minicomでATコマンドを実行する場合は、コマンド入力後にCtrl+Jを押します。

実行した様子

 下記はATとAT+GMRを実行してみた結果です。ATを実行して「OK」、AT+GMRと実行していくつかバージョンが表示されれば正常に通信できています。
 バージョンは個体によって異なるので違っても大丈夫です。

$ minico
minicom へようこそ 2.7

オプション: I18n
コンパイルされた日時は:  Apr 22 2017, 09:14:19.
ポート /dev/ttyS0, 16:05:20

CTRL-A Z を押すと、説明画面になります。

AT<Enter><Ctrl+j>



OK

AT+GMR<Enter><Ctrl+j>

AT version:1.7.0.0(Aug 16 2018 00:57:04)

SDK version:3.0.0(d49923c)

compile time:Aug 23 2018 16:58:12

Bin version(Wroom 02):v1.7.0

OK

確認終了

 ATコマンドの応答が返ってくれば、ESP-WROOM-02とラズパイの間で通信できています。
 次のステップへ進みましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。