LCD1602Aや2004AをI2C接続で使いこなす【ソフト編】

LCD1602Aや2004AをI2C接続で使いこなす【ハード編】でハードウェアの準備が完了したので次はソフトウェア編です。osoyoo.comのサンプルを参考にしてライブラリも作成しました。

 もくじ(Index)

環境

記事作成時の環境は以下の通りです。

  • Raspbian-stretch
  • python 3.5.3
  • mojimoji 0.0.8

※mojimojiはカナ文字を表示するために使用します。

インストール

mojimojiはpip3で、モジュールとサンプルはGitHubからcloneします。

pip3 install mojimoji
git clone https://github.com/mongonta0716/hd44780

実行

README.mdを参照してconf/lcdsample.confを設定し、デモとスクロールするデモがあるので実行してみてください。
※初期はI2Cアドレス0x27で1602用の設定になっています。

cd hd44780
vim conf/lcdsample.conf
python3 demo.py

下記のように当ブログのURLが表示されれば成功です。

demo.pyの実行結果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。