M5Stack LovyanLauncherメニュー

 M5Stack LovyanLauncherのメニューの説明です。

 もくじ(Index)

SD Updater

 SD Updaterを起動して、アプリを選択する画面を呼び出します。

 LovyanLauncher v0.1.5からフォルダ分けが利用できるようになりました。フォルダ名の先頭か末尾に「bin」を付けると一覧に表示されるようになります。jpgフォルダやjsonフォルダも持つことができます。

 M5Stackのファイルシステムはフルパス32文字をオーバーすると問題が起きやすくなるようです。なるべく短い名前にしましょう。

●フルパス32文字の例

⁄Avatar.bin⁄jpg⁄appname01_gh.jpg
01234567890123456789012345678901

WiFi

 WiFiの設定を行います。

WiFi Client

 手動で設定します。

WiFi WPS

 WPS対応の無線LAN親機と接続します。

WiFi SmartConfig

 スマホAppから設定を行います。画面に表示されたQRCodeをスマホで撮影しAppをインストールしてから設定します。
 v0.1.3から追加。

WiFi Setting(AP&HTTP)

 スマホやPCから、WiFiで「M5STACK_SETUP」というアクセスポイントに接続し、ブラウザで「192.168.4.1」を開くことにより設定を行うことができます。

WiFi Off

 WiFiをオフにします。

Tools

System Info

 システム情報を表示します。(メモリやCPUの情報など)

I2C Scanner

 接続されているI2C機器のアドレス一覧を表示します。

FTP Server(SDCard)

 M5StackをFTP Serverにし、PCからFTP接続でSDCardにファイルを転送できるようになります。FTP Server起動時にWiFiは前回接続した情報で自動接続します。

 ユーザID/パスワードは esp32/esp32です。

FTP Server(SPIFFS)

 M5StackをFTP Serverにし、PCからFTP接続でSPIFFSにファイルを転送できるようになります。 FTP Server起動時にWiFiは前回接続した情報で自動接続します。

 ユーザID/パスワードは esp32/esp32です。

Benchmark(SDCard)

 SDcardのベンチマークを行います。
 v0.1.1で追加。

Benchmark(SPIFFS)

 SPIFFSのベンチマークを行います。
 v0.1.1で追加。

Format SPIFFS

Format Execute

 SPIFFSのフォーマットを実行します。

Erase NVS(Preferences)

Erase Execute

NVS(non volatile storage)という不揮発領域をクリアします。

Style

 フォントを変更します。

FreeSans9pt7b

 大きめのフォント

Font 2

 標準のフォント

Font 1

 小さめフォント

Binary Viewer

 ファイルを中身をバイナリで確認することができるツールです。下記の各パーティションのファイルを見ることができます。

  • SDCard
  • SPIFFS
  • FLASH
    • 2nd boot loader
    • partition table
    • nvs
    • otadata
    • app0
    • app1
    • eeprom
    • spiffs

Power

BatteryCharge

 バッテリーへの充電をON/OFFすることができます。

BatteryOutput

 バッテリーからの給電をON/OFFすることができます。

 外部電源がない場合に、給電OFF機能を使うと起動できなくなります。その場合はバッテリーを外し、再度取り付けると復旧できます。

Boot on load

 I2Cに負荷がかかった際に、起動するかしないかを選択することができます。I2Cを利用して、再起動を繰り返すようになった場合はこのオプションを変更してみてください。

 ※電源OFFから起動すると設定が初期化されます。(v0.1.3で保持されるようになりました。)

FIRE LED

 M5Stack FireのLEDの点灯/消灯を選択できます。

DeepSleep

 スリープします。USB接続中でもスリープすることができます。

OTA Rollback

Rollback Execute

 OTAの別パーティションアプリを起動します。前回起動したアプリがOTAに残っていれば素早く起動することが可能です。

変更履歴

日付変更内容
2019/4/2v0.1.5に対応
メニューの階層化について追加
2019/3/19v0.1.3に対応
メニュー構成の大幅な変更
WiFi SmartConfigの追加
2019/3/18v0.1.2に対応
FIRE LEDの追加
2019/3/17新規作成(v0.1.0)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。