初心者向けM5Stack Core2の始め方(ArduinoIDE編)

 M5Stack Core2が発売されてから少し経ちました。TwitterでもCore2からM5Stackを始めるという方も増えてきているようです。Core2ならではの手順もあるので、「Hello World」の表示と工場出荷時に戻すまでの手順を紹介します。

 もくじ(Index)

M5Stack関連の目次へ戻る

M5Stack Core2を動かすために必要なもの

ハードウェア

 用意するハードウェアは2つだけです。

①PC

 Windows、Mac、Linuxで使うことができます。USBで接続するのでUSB端子が必要です。

②M5Stack Core2

 M5Stack Core2と付属のUSB Type-Cケーブルを用意します。

ソフトウェア

 今回の記事ではArduinoIDEで使う方法を説明するので下記のものを用意します。

①Arduino IDE

https://www.arduino.cc/en/software から、ArduinoIDEをダウンロードします。2020/11/13時点ではVersion 1.8.13が最新です。

Windowsで初心者の方は 「Windows Win7 and newer」がいいと思います。

ArduinoIDEのインストール(arduino-1.8.X-windows.exe)

 ArduinoIDEのインストーラーを起動して、画面の指示に従ってセットアップします。特にオプションを変える必要はありません。

②デバイスドライバ(CP210X Driver)

 最近のWindowsでは標準のドライバがあるので不要かもしれません。M5Stack Core2を接続してみて認識されない場合はダウンロードしてインストールしてみてください。

 下記のリンクを開き、「CP2104 Driver」をダウンロードします。

https://m5stack.com/pages/download

COMポートの確認

 プログラムをコンパイルするときにCOMポートの名前を設定する必要があります。

 M5Stack Core2をPCに接続し、「スタートボタン」の上で右クリック→「デバイスマネージャー」を開いて、ポート名を確認します。下記の画像だと「COM10」というのがポート名になるので覚えておきます。

AdruinoIDEの設定

 インストールが終わったら、ArduinoIDEを起動して設定を行います。

設定の手順

 画面ごとに説明していきます。

①起動画面

 AdruinoIDEを起動するとスケッチの画面が開きます。

②環境設定する

(1)「ファイル」→「環境設定」をクリックして環境設定の画面を開きます。
(2)「追加のボードマネージャーのURL」の右にあるボタンをクリックします。
(3)URLの入力

 ダイアログが開くので下記のURLを入力してOKをクリックします。

https://m5stack.oss-cn-shenzhen.aliyuncs.com/resource/arduino/package_m5stack_index.json

★補足★

 このURLはM5Stack公式が出しているもので、2020/11現在Arduino-esp32 1.0.4をベースにM5Stack製品の設定を追加しています。他のArduinoIDEのインストール説明だと下記の2つの場合もありますが、ボードで「M5Stack」が出ない(検索できない)ので注意してください。「esp32」を検索します。

  • https://raw.githubusercontent.com/espressif/arduino-esp32/gh-pages/package_esp32_index.json
    → Arduino-esp32のボードマネージャーURL
  • https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json
    → 古いので使わない方がいいです。

④M5Stackのボードを追加する

 ボードマネージャを開いて設定します。

(1)ボードマネージャを開く

「ツール」→「ボード…」→「ボードマネージャ…」と選択します。

(2)ボードマネージャ

 ボードマネージャが開いたら「m5stack」と入力すると、下のウィンドウに「M5Stack」という名前のものが出るので、「インストール」をクリックします。

⑤M5Stack Core2ライブラリのインストール

 次にM5Stack Core2のライブラリをインストールします。(ライブラリ名は「M5Core2」)

(1)「ライブラリを管理」を開く

「スケッチ」→「ライブラリをインクルード」→「ライブラリを管理…」の順に選択します。

(2)ライブラリマネージャ

 ライブラリマネージャの画面が開くので、「m5core2」と入力し検索結果に出てきた「M5Core2 by M5Stack」 という名前のライブラリを選択して「インストール」をクリックします。

⑥ボードの設定

(1)ボードの設定

 「ツール」→「ボード」→「M5Stack Arduino」→「M5Stack-Core2」の順番で選択します。

(2)COMポートの設定

M5Stack-Core2を選択後、は下記のようにパラメータが設定されています。シリアルポートが選択されていないので事前に確認した「COM?」(画像ではCOM10)を選択します。

Hello Worldを実行する

 環境の設定が終わったので次はM5Stack Core2にスケッチを書き込んで、「Hello World」と表示させてみましょう。

スケッチの作成

下記のように入力してスケッチを作成し、保存します。スケッチ名は任意です。

●M5Core2_HelloWorld.ino

#include <M5Core2.h>

void setup() {
  M5.begin(true, true, true, true);
  M5.Lcd.setTextSize(3);
  M5.Lcd.print("Hello World");
}

void loop() {

}

M5Stack Core2に書き込む

 M5Stack Core2が接続されているのを確認して、「スケッチ」→「マイコンボードに書き込む」を選択すると、コンパイルしてからM5Stackにプログラムが書き込まれます。

動作確認

 正常に完了すると、自動的に先どうして下記の写真のようにHelloWorldという文字が表示されます。

工場出荷状態への戻し方

 工場出荷時はFactoryTestのスケッチが書き込まれています。戻す方法は3通りです。

①EasyLoaderを使う(Windows、MacOSのみ)

下記のリンクのEasyLoaderという項目から、ファイルをダウンロードして実行します。COMポートを選んで「Burn」を押してください。

 https://docs.m5stack.com/#/en/core/core2?id=easyloader

②M5Burnerで書き込む(Core2FactoryTest)

 Core2FactoryTestの「Download」を押してプログラムをダウンロード→「Burn」を押して書き込みで復帰できます。

 

③スケッチからビルドする

 FactoryTestのスケッチは下記のGitHubのリンクにあります。ダウンロードしてCore2_Factory_test.inoをコンパイルし書き込みを行うと戻ります。

https://github.com/m5stack/M5-ProductExampleCodes/tree/master/Core/M5Core2/Arduino

トラブルシューティング

 いくつか初心者がハマりそうな点を書いておきます。

M5Stack-Core2のボードを選べない

①追加のボードマネージャのURLを確認してください。

https://m5stack.oss-cn-shenzhen.aliyuncs.com/resource/arduino/package_m5stack_index.json

②もし、arduino-esp32の方を使用したいのであれば、ほぼ同じスペックの「M5Stack-Fire」を選びます。

終わりに

 最近M5Stack Core2からM5Stack製品にデビューする方も増えてきたようなので、最初のステップを実行するまでをまとめました。何か分からないことがあれば、コメントやTwitterで連絡ください。

 M5Stackの世界を楽しんでいきましょう。

初心者向けM5Stack Core2の始め方(ArduinoIDE編)” に対して5件のコメントがあります。

  1. むとうたけし より:

    #includeの行が見えない気がします。

    1. もんごんた より:

      むとう様

      ご指摘ありがとうございますm(_ _)m
      修正しました。

  2. VividHobby より:

    M5StackCoew2入門者です。(PICはMPLABXでそこそこ経験があります)
    わかりやすいご説明の記事をありがとうございます。
    Core2の場合、前バージョン(Basic?)とのライブラリやボードマネージャの選択があまりよくわかっていません。ライブラリの互換性がどこまであるのか?もです。

    さて、基本のお尋ねです。COれ2用ボードマネージャの選択ですが
    1、M5StackCore2との事ですが、M5StackCoreESPは? Basic用でしょうか?
    2,Core2の必須ライブラリはM5Core2だけで基本はOKでしょうか?M5STackは不要?
    3,上記2のライブラリには、-master と付いたものと無いものがありるようですが、
      違いは何でしょうか?

    初心者の質問ですがよろしくお願いします。

    1. もんごんた より:

      VividHobby様

      コメントありがとうございます。M5Stackの仕様変更もあり、確かに分かりづらい点です。別途分かりやすいように説明できるかどうか検討してみます。

      ●1の回答
      ・M5StackCore-ESP32は「Flashが4MB」のBasic、Gray用です。
      ・M5Stack-Fireは「Flashが16MB」のBasic、Gray、Go、Fire用です。
       FireはPSRAMを「Enabled」、Basic,Gray,GoはPSRAMを「Disabled」にします。

      補足1、Flashの見分け方はありません。らびやんランチャー等をインストールし自分でFlashの容量をチェックする必要があります。

      補足2、サイズ大きいスケッチを使わないのであれば、M5StackCore-ESP32を選択しても問題なく動きます。

      ●2の回答
      M5Stack.hは不要です。M5Stack.hは旧Core用、M5Core2.hはCore2用となります。両方includeしてしまうとエラーが発生します。

      ●3の回答
       ライブラリをGitHubからZipファイルをダウンロードしてインストールすると「-master」という名前が付きます。ダウンロードしたZipの名前がライブラリ名になってしまいます。(GitHubのmasterブランチからダウンロードしたという意味です。)

      →恐らくバージョンが違いますが、同じライブラリなので2つ存在することはできません。ご自身で使う方を選び削除する必要があります。

      ★初心者であれば、なるべくZipでのインストールは止めた方が混乱は減りますが、最新バージョンでないと動かないソースもあるので、この辺りはVividHobbyさんの理解が必要です。

      言葉だけで説明しようとすると難しいですね(;^_^A
      別途記事作ってみます。

      分からないことがあれば質問してください。

      1. 匿名 より:

        もんごんた様へ
        素人質問にもかかわらず早々のご回答、しかも素人に解りやすく解説いただき、ありがとうございました。
        LovyanGFXはESP32で使用したことがありましたが、M5Stackでは初めてで、勉強していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。