分解作業なしでスタックチャンを作る。【スタックチャン M5GoBottom版 組み立てキット】

 スタックチャン M5GoBottom版 組み立てキットを頒布してから3カ月が経過しました。通常の手順スタックチャン M5GoBottom版 組み立て方法【その1 部品キット編】では、M5GoBottomの分解作業が必要だったのですが、Twitterでいつもお世話になっているロボさん(@robo8080)が考えた方法だと各M5StackのM3ネジを外すだけでスタックチャンを組み立てることができました。その手順を紹介します。

 分解なんて怖くてできない、、、でもスタックチャン欲しい、、、と思っていた方は是非読んでみてください。

 もくじ(Index)

M5Stack関連の目次へ戻る

この組み立て方法の注意点

Port.Aを使う場合I2C通信が使えなくなります。

 M5Stack Core2の場合は、Port.A(G32、G33)を使うのでI2C通信が利用できなくなります。(M5Stack Basic、Gray、Fireを使った場合もPort.A(G21,22)を使うので一緒です。)

電源不足になりやすい

 内蔵電池だけだとサーボ2つ駆動する電流が足りないため、サーボを繋いだ瞬間電源が落ちる場合があります。Core2やBasic、Gray等はバッテリーが弱いのでUSB電源を接続して使いましょう。

必要なもの

キットやM5Stack

組立方法

 シェルの組み立て方法だけ異なります。ブラケットや部品キットは下記の手順を見てください。

スタックチャン M5GoBottom版 組み立て方法【その1 部品キット編】 スタックチャン M5GoBottom版 組み立て方法【その2 ケースセットの組み立てと完成まで】

①ボルトを外す

 本体に付いているM3ボルトを外します。Core2系は四隅、旧Coreは下の2カ所です。(FireとGoは上の二か所もあるのですが、ダミーなので外さないでください。外すと後で面倒になります。)

②隙間パーツをシェルにセット

 向きがあるので注意してシェルに隙間埋めパーツをセットします。もしピッタリ合わない場合は無理せずカッターで加工してください。

③M5Stackをセットし用意したボルトで固定

 M5Stackをセットして、裏返した後ボルトで止めます。(Core2系は四隅、旧Coreは下の2カ所のみです。)

 ※ Core2の場合は上2本が短め、下2本が長めです。間違えると画面を傷つけるで注意してください。

④横の穴からPort.Aに接続

 Groveケーブル側を横の穴を通してPort.Aに接続します。

完成

 これで完成です。

組み立てが難しいと感じた方へ

分解なしの手順で実際に作ってみた方が可愛い漫画で手順を紹介してくれました。ぜひ見てください。

おわりに

 これで、もう一段階 スタックチャンを組み立てる敷居が下がりました。興味を持っている方は是非作ってみてください。

更新履歴

  • 2022/3/12 新規作成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。