スタックチャン M5GoBottom版 専用スタンドを作ってみました。

 スタックチャン M5GoBottom版の専用スタンドを作成してみました。使い心地がいいので公開しています。

 もくじ(Index)

M5Stack関連の目次へ戻る

スタックチャン M5GoBottom版 スタンド外観

 下記の写真は、作成したものをJLCPCBの3Dプリントサービスで作成したものです。(レジン8000で発注)

注意点

 スタンドと言っても、プラスチックなので滑るためすべり止めは必要です。

3Dモデル

 STLファイルをThingiverseで公開しています。

https://www.thingiverse.com/thing:5385750

作成している様子

 元は5cmスピーカーを取り付けるために作成しました。スピーカータイプは汎用的ではないのでUSBケーブルを通す穴だけ残しています。

JLCPCBに発注する場合

JLCPCBに発注する時の詳しい手順は下記の記事を参照してください。

【JLCPCB 3Dプリントサービス】ユーザ登録の方法と注文を出す手順

見積もり

 JLCPCBに発注に見積もりを出したところ $6.96 + 配送料$3.90(一番安いStandard Global Direct)でした。(PayPal支払いで手数料がかかり最終的には$11.36 2022/5/5のレートで¥1,543)

レビュー

 しばらくするとレビューの結果がきますので対応してください。私が発注したときは指摘された項目はありませんでした。

到着するまで

 今回の発注は下記のように流れていきました。

  • 発注  : 2022/5/5
  • レビュー: 2022/5/5
  • 製造  : 2022/5/6
  • 発送  : 2022/5/7
  • 到着  : 2022/5/15

梱包

 到着するまではドキドキの国際配送ですが、JLCPCBの3Dプリントサービスは梱包はしっかりしているようです。箱潰れもなくプチプチでしっかり梱包されて来ます。私は格安のGlobal Standardを2回、DHLを1回経験しましたが、3回とも箱潰れ無しで、中の3Dプリント品も問題はありません。

おわりに

 今回の作成物は、大きくプリント時間も長いのと配送料も上がってしまうため頒布はしません。ご自身で3DプリントするかJLCPCBのサービスを利用するのがいいと思います。スタンドの形状は音が前に反射するようにしたつもりなので少し音質の向上する気がします。(※個人の感想です。)使ってみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。